本文へスキップ

お知らせnotice

現場2次施工に伴い道路の形が変わります!

こんにちは!小柳建設の池田です。

2021年になり、早いもので残り一週間で一月が過ぎようとしています。
未だ感染拡大に歯止めがかからないコロナウイルス。
Withコロナの生活様式には不便さも多々ありますが、元気に乗り越えていきましょう\(-o-)/


現場2次施工に伴い、2月より市道堀越小境線の形が変わります。(図1)

近隣住民の皆様、通勤にお使いの皆様におかれましては、ご迷惑をおかけします。
よろしくお願い致します。


・路床掘削状況

・路盤転圧状況



年始のご挨拶

〜謹賀新年〜

謹んで新年のお祝いを申し上げます。
旧年中は新型コロナウイルスの影響の中皆様よりたくさんのご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束と皆様のご活躍をお祈り申し上げます。
時節柄、体調を崩されないように御自愛ください。

P.S 初詣の楽しみの一つはおみくじですよね!
現在のおみくじの7割近くは山口県の二所山田神社の女子道社で奉製されているそうです\(◎o◎)/!
ちなみに当現場担当技術者池田は末吉でした(‘ω’)ノ



ICT建機.. .. ..?

前回ICT建機を使っての盛土を行っていると話しましたが、今回はICT建機についてもう少し説明しようかと思います。

ICTとは情報通信技術の意味で、建設業では情報化施工のことを指します。
ICT建機にはMC(マシンコントロール)とMG(マシンガイダンス)の二つに分けられます。
自動車で言うと、MCは自動運転・MGはカーナビゲーションに近い感覚です。

当現場では、MCを使っております!
MCは、名前の通りコントロールしてくれます。
GNSS(Global Navigation Satellite System)
これがアメリカのGPSであったり、ロシアのGLONASSなどの人工衛星を用いて位置情報を取得し、3次元の設計データをもとにセミオート化するという仕組みになります。
機械のオペレーターが自分で操作しつつ、設計の数値でバケットの位置が自動的に止まって設計よりも深く掘ろうとしても掘れないようになっています。

ICT建機のメリット
・丁張り(施工をするための目印)がいらない為、施工効率が向上。
・機械周辺での補助作業員がいらない為、安全性が向上。
・3次元の設計データをもとに作業を高精度に制御しているため、施工精度が向上。Etc..



土砂運搬終了のお知らせ

9月24日をもちまして、土砂運搬が完了いたしました。
近隣住民の皆様及び運行経路沿いにお住いの皆様には、格別のご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。
今後は、産業廃棄物の撤去、工事看板等の取り外しなど行いますが、最後まで事故等起こさないよう努めてまいります。

ダンプトラックに運ばれた土砂は、阿賀野バイパス予定地の盛土材として使っていました!
盛土では、ICT建機と呼ばれる作業操作をセミオート化したバックホウで施工を行っています。


・土砂荷下ろし状況

・施工モニターにて設計データを見ながらの施工

・法面整形(丁張レス)



コロナウイルス対策実施中 ⊂□⊃ヽ(・д`・。) はい、マスク

こんにちは!
池田です。

いま日本では、新型コロナウイルスが再流行しています!
私たちの現場事務所ではコロナウイルス対策として、手洗いうがいの徹底はもちろん、
現場入場時の体温確認・飛沫感染対策アクリル板の設置等対策を行っております!


・非接触式セルフ検温端末導入

 

・飛沫感染対策アクリル板設置

 



ダンプトラック運搬について

こんにちは!小柳建設の池田です。

早いもので8月もそろそろ終わりに近づいてきました。
ここでは、現場の近況・進捗などについて皆さんに伝えていければと思います!

土砂運搬を9月末まで行って参ります。
近隣住民の皆様及び運行経路沿いにお住いの皆様におかれましては、ご迷惑をおかけします。
よろしくお願い致します。

日時 2020年7月10日〜2020年9月末(予定)
台数 5台〜7台
運行経路 施工の情報」に公開しています
内容 大型ダンプトラックによる土砂運搬

今後の予定については、施工の情報にて工程表・工事の進み具合にて現場写真を公開してまいります!


・積込状況

・ダンプ運行状況確認